外債と外貨預金 どっちが得? 税金が左右する 外貨運用主義者

どちらが得か、勝負はついてるが、一寸纏め風 マトリックス図にしてみる 

条件:長年保有中の外貨 USドル(豪ドル・NZでも) 満期円転せず 継続の所存  

   為替は、一等最初外貨購入の取得価格で、今回品も偶々購入や預金したものとする 

   一応原初取得時ドル @100円 

    (スプレッドで、往復1〜2円ロスは出る・▲2%)

   各利率は、2% (円換算で、< = > 損得考) 

   債券ではキャピタルゲイン/ロス の円税が最終利益を左右する

   外貨部分だけなら、損得無。為替による円税が円ベース利益を変動させる

 

償還時       外債       利付  ゼロクーポン   外貨預金

ーーー  −−−−−−−−−−−   −−−  ーーー     ----------

円高へ  △ 為替損なら税戻り有り   〇    ◎     △ 中立 

80円        実質利率アップ              税20%

                        税減少大    

              (  利率>2% 円換算)        ( =2% )

      キャピタルロスだが、円転しないから、外貨ポジションでは損得無

      債券一応、損勘定だが、円税少なくなるため大きく痛まず

      キャピタルロスとして戻る円税が、円換算利率増

      ゼロクーポンは、利付よりキャピタルが増大で、名目ロス大 

 

同円  △   外貨預金と同利益  

100円     ( =2% )                 ( =2% )

                       

円安へ   × 為替益で税上昇      △    ×       △ 中立

120円        実質利率減少      税増大

         (  利率<2%  )               ( =2% )

       債券、円で利益勘定だが、円税大で円換算利率減

       外貨継続なら、2%利率以下を計上

       ゼロクーポンは、キャピタル成長が利付より大。税金も大。

 

    注:  (超)円安方向なら、円転して利確の道有り 双方  キャピタルゲイン

            為替損は、無い (高く買って初めてないから @100円)

        円転 円安例@130円 だったら、30%増 100万円なら30万

        外貨預金は、円預金のような千万円の保証がない

        5年モノ位を想定 

        豪ドル、NZは昔より、USに劣る利率になってきた   2020年

        低格付け債券は、不可。米国債がベスト。

        

預金は、税率固定・不動で、ほぼ負け。勝ちはない

預金利息が一定高ければそこそこだが、

コロナショックでもあればがた落ち2020春。長期ができない。

債券で何がポイントかというと、償還為替次第で円税が変動する件。 

円高で終わる方が、利益増。 即ち、円安で買って、

円高で償還のサイクルなら最高益。(外貨継続保持に良い)

外貨預金と外債を簡単に回せるのは、大和証券しかない。(2020秋) 回し者ではありません。

SBI証券も、一応可能だが、債券揃ってない。

 

■2020年秋 コロナショックで、買うものはありません。債券。 

18年12月頃以来、買って無い。

 オーバーパーは、いけません。 等、は別途で。

厚生年金 繰り下げ考 再 5年 寿命と駆けっくら

  2022年春頃10年繰り下げ可能の、新制度になるようだが。従来の5年MAXでよさげ。

  従来、繰り下げてるのは、2%以下の人々

  つらつら、考えが深化したから、書いてみた

■ 生活資金

  生活資金に余裕があれば、繰り下げられる

  年金額年150万の人なら、5年で750万 

  これが前倒しでなくても用意できて、生活に支障なければ、一応繰り下げられる道理

■ 増加額は総額で、想定 

  単月・単年で、考えるとやりにくいと考え至る、ざっくり、総額で考える

  例えば、20年貰うと決め打ちして、総額3千万 

  これを2年繰り下げると、約20% 600万円 3年目で約25% 750万 5年で1200万強増

  今時、貯金利息は、100万円で年千円?。それを考えると、この高利は魅力ある

  無駄に寝かせておくよりは、遠く眺めて貯めるが得

■ リスク 1  死ぬ時期は、分からない

  リスク w は、65歳開始に負けてしまう。繰り下げて70歳開始だと82歳が分岐点 

  平均寿命を超すのは、やり過ぎ  早死にするかは、神のみぞ知る 

  孰れ、死ねばその後は、貰えないから、それが損とも言えるわけで、不定が果てしない

  必死で繰り下げることではないが、苦でもなければ、やってよい

  勝てなかったら、もはやこれまで、本能寺 

■ 繰り下げ反対派は、健康寿命を超えては、金があっても使えない とか

  どしても、必要なら、繰り下げることもないけどね

■ リスク 2 枯渇

  あと、20年くらいで資金が枯渇する話もあるから、その点は、注意

  今65歳は、微妙な時代、しかし、手の打ちようも無い

  後年2割とか、減額されるのも現実のようだから、太らせておくのは次善策になる

  20世紀、厚生役人の無駄遣いが、国民の首を絞めた結果である 無責任大国

 

 

 

  

AliExpress 買い物日記 4  納期 他  amazon不要

■ 納期 

  現在、39個注文してみて、細かいことを気にするようになった。

  最短10日で届いたのは、19年末。

  コロナ最盛期は、30日は並みだった。

  店の表示も一律ではない。 最近注意している

  30-50 days は、普通。デフォルト。

  before 09/12  とか、2か月以上のがあった。最悪。

  13-21 days は、早いと強調してる。

  その通りに届くか、検証中。

 

 

 

 

   

  

  

 

「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました」

 

 

 

 「Amazonセキュリティ警告: サインインが検出されました」